外注型電話代行業務とは

subpage01

電話代行とは、企業にかかってきた電話を代行業者が対応することです。



コールセンターを運営している業者の多くは、そのような電話代行業務を中心に行っています。
これは外注型電話代行業務と呼ばれています。
企業の中には自社でコールセンターを持っているところもありますが、規模が大きくなると新たにコールセンターを設置するためには多くの費用がかかります。


また、そのために使用するシステムやマニュアルや設備なども用意しなくてはならず、手間と労力がかかります。

コールセンター業務を中心に行っている企業に外注する場合は、準備から運営、管理まで一括で行います。

そのため、コールセンター業務運営のノウハウをすでに持っているので、企業にとっては大きなメリットがあります。また、雇用形態は非正規雇用である契約社員やアルバイト、パート、派遣社員などを使うケースが多く、働く人を集めるのも外注先の企業が行います。
依頼している企業は自社にコールセンターを持たなくて良い分、時間とコストを抑えられます。


近年そのような業務を専門に行う業者がたくさん増えています。


また、都市部から離れた場所でも業務を行うことができますので、人件費を抑えることも可能です。

nanapi関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

地方都市では、積極的にコールセンター業務を行う企業を誘致しているところもあります。
コールセンターは大きな雇用を生みますので、その地域の経済的なメリットもあります。
近年ではさまざまな地域にコールセンターが開設されています。