電話代行とはなんですか

subpage01

電話代行とは、依頼者にかわって電話応対を行うサービスのことです。

形態には大きく分けて、3種類あります。一つは、業者が電話番号を貸し出して、応対は依頼者が行うというタイプです。

これは電話代行業者が用意した電話番号に電話を掛けると、依頼者の電話に転送されるというものです。
都心などにオフィスの住所があっても、事務所自体は地方にあって電話の対応はそちらで行いたい場合などに使われるケースがあります。

電話代行関連の情報をたくさん掲載しています。

二つ目は、依頼者の電話番号にかかってきた電話を電話代行業者に転送し、その業者が会社の人間として電話の応対をするものです。

ガジェット通信の様々な相談を受けることができます。

個人事業主で出張が多く電話が取りにくい、会議や商談などで電話に出られない場合が多い、事務所の人数か少なく電話の応対に人員を割けないなどの場合に利用されます。
三つめは、電話代行業者そのものが電話応対の窓口となる場合です。



これはコールセンター型とも言われています。
電話応対そのものを外注する方法で、受けた電話に関する依頼者への報告は定期的に行われます。

商品の受注受付や相談窓口、クレーム対応などに利用する会社が多くみられます。

いずれの場合も、電話をかけてくる顧客が電話を掛けやすくなる、顧客からの電話がつながりやすくなるメリットがあります。

電話がすぐつながることは、顧客からの信頼を高めたり、受注を受けやすくなったりするなどの効果につながります。電話代行は、ビジネスチャンスを逃さないようにするための一つの方法です。